転職

40代が転職すると年収はどうなる?データで解説します。

更新日:

40代が転職すると年収はどうなるの画像

転職をするにあたり最も気にするものは「年収」ではないでしょうか。

厚生労働省の「平成28年(2016年)雇用動向調査」でも、転職理由を「収入」と答えた人の割合は、「定年」「その他」を除外すると1位になります。

まあ、お金を稼ぐために働くわけだから、これは当然と言えば当然の話ですよね。「オレは金に一切興味ないよ」って人、普通はいないはず。

20代の時だったら生活するのにそこまでお金がかからなかったりしたんですが、40代にもなるとさすがに無理。

  • 子供の教育費
  • 住宅ローン

など、お金は湯水のように消えていきます😩

今の給与に不満だったら?

「転職」となるのが一般的。

ただ40代の転職って数字的にあんまりいい話を聞かなかったりするんですよね……。

というわけで、40代が転職する時の年収にまつわるデータを見てみます。

40代の平均年収はいくら?

その前に気になるのが40代の平均年収。

40代っていくらくらいお給料をいただいてるんでしょうか。見てみましょう。

年齢階層別の平均給与

これは国税庁「平成28年民間給与実態統計調査」によるもの。

40代のデータだけを抜き出すとこうなります。

40〜44歳

  • 男性:563万円
  • 女性:302万円
  • 平均:460万円

45〜49歳

  • 男性:633万円
  • 女性:299万円
  • 平均:494万円

 

どうでしょうか、この数字……。

う〜ん、というか全年齢のデータを見ると、日本社会ってのがいまだに年功序列になっているのがよくわかりますね。50代前半を頂点に綺麗な序列が出来上がっています。

国内では年功序列から成果主義へのシフトチェンジが進められてるなんて言われていますけど、どうやらそれはまだまだ一部の会社に限られているみたいです。

それでいて男性と女性との差が最終的に1.9倍弱の違いとなっているのも興味深いところ。これは女性が結婚して家庭に入り、専業主婦やパートとして働く人が多いことが理由になっています。

ちなみにこのミイダスでは登録すると年収診断をやってもらえます。結構面白いので試してみてください。

公式 ミイダスで自分の市場価値を調べてみる

40代が転職すると年収はどうなる?

では、そんな40代が転職をすると給与はどうなるのか。

これも厚生労働省の「平成28年雇用動向調査」でデータが出ています。以下、抜粋。

転職入職者の賃金変動状況別割合

これは前職の給与が転職でどうなったかの数字です。男女合わせてのデータで、男女ごとの数字は掲載されていません。

総合的に見れば転職をすることで30〜40代なら年収アップ、50代ならダウンの傾向があるよとデータは言っていますが、どの年代も「増加」「変動なし」「減少」の割合がそこまでの差になっていない印象を受けます。上がる人もいれば下がる人もいるってことですね(そんなの当たり前だw)。

個人的には、50代後半であっても転職者の21.9%が年収アップするという事実に驚きました。「増加」と「変動なし」を足すと58.2%もの人が現状維持以上の結果になっているのもすごくないですか? 転職すべきかどうかで悩んだら、50代であってもとりあえずチャレンジしとけってことかもしれません。

年収にこだわった転職はするべきではない

ただし、給与にこだわった転職をするとそれなりの困難が待ち構えているのも事実です。

給与がアップした場合、それに見合うだけの仕事ができるのかという問題が発生します。要は「それだけの仕事ができるのであれば前職で給与に悩むことはなかったんじゃないの」ということです。周囲の期待が大きくなると自分にかかるプレッシャーもそれなりに大きくなるので覚悟してください。

個人的には転職時に一旦減給を受け入れ、入社後の仕事ぶりで給与アップを勝ち取るのが得策かと考えます。自分の生活がどこまでの減給なら耐えられるかを計算した上で、数年後に年収アップを果たせるような会社を選ぶといいでしょう。長い目で見てお互いが得を取れる関係性を築くことが何よりも大事ってことですね。

40代の転職TOPへ戻る

-転職

Copyright© ゆるくやって人生優勝 , 2019 All Rights Reserved.