アプリ メモ帳・ノート

手軽に使えるおすすめのメモアプリ8選【2018年版】

app-memo

おすすめのメモアプリを紹介します。

たくさんのメモアプリの中から、シンプルなもの、手書きに対応したもの、PDFを読み込めるものなどを中心に厳選しました。

メモアプリを使うメリット

メモアプリを使うメリットは、簡単に保管&保存ができるところにあります。

使いやすさを考えるのであれば、やはり紙のメモ帳に一日の長がありますが、紙のメモ帳の場合、「どうやって保管&保存をするか」という問題が出てきてしまうんですよね。紙のメモを全部スキャンするとなると面倒ですし……。

そんな時に便利なのが、メモアプリ。

はなっからデジタルのアプリでデータを一元化してしまえば、管理も当然楽です。

というわけで、おすすめのメモアプリを8点ほどご紹介。

おすすめのメモアプリ8選

Evernote

Evernote

Evernote
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

デジタルメモアプリの定番と言えばこれ。

テキスト、Word、Excel、PDFなどのドキュメントをファイルを開いた状態で保存することが可能。スキャナ『ScanSnap』と組み合われば、紙のメモ、レシート、領収書などを取り込むこともできます。

最大のメリットは、OCR機能が付いているので画像内であっても文字を検索できるところ。何でもかんでも片っ端からEvernoteに放り込んでおけば、あとから簡単に検索できて便利です。

ただ、機能が多すぎるので、簡単なメモ帳がわりに使うと使いづらさを感じるかもしれません。

  • 互換性:iOS10.3以降
  • Mac、Winに対応
  • ベーシックプランは無料で使える(60MBまで)
  • ベーシックプランの場合、同期可能な端末がは2台まで

OneNote

Microsoft OneNote

Microsoft OneNote
無料
posted with アプリーチ

WordやExcel同様、Microsoft Office傘下のアプリとして登場。2016年頃にEvernoteのサービスが改定されたのを機に頭角をあらわしました(Evernoteのサービス改定を改悪と捉える人が多かった)。

データの保存先がOneDriveのみですが(5GBまで)、同期可能な端末数に制限がない上に機能的にも差がないので、十分にEvernoteの代替アプリとなります。

Evernoteからの移行する際には『OneNote Importer』を使うのが便利でおすすめ。

  • 互換性: iOS10.0以降
  • Mac、Winに対応
  • 無料版は個人利用のみ
  • 無料版のデータ保存先はOneDriveのみ(5GBまで)
  • 同期可能な端末数に制限なし

Google Keep

Google Keep

Google Keep
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

「EvernoteやOneNoteは機能が多すぎて……」という人におすすめなのがこのアプリ。

近年、iPhone版が登場したあたりで機能性が大幅にアップしたこともあって、Evernoteに代わる定番アプリとなりつつあります。

特徴的なのは、ヘビーに使いたい人にもライトに使いたい人にもどっちにも対応できるというところ。大量にメモがあってもアーカイブ機能を使うことでスマートに運用することができますし、サクッとメモを取りたい場合も通知センター内のウィジェットから簡単にメモを作成できます。

また、「Google Keep Chrome拡張機能」を使えばパソコン(Google Chrome)で、使うことも可能。

  • 互換性: iOS8.0以降
  • Mac、Winに対応
  • Googleアカウントさえあればすべての端末で同期可能

Fetchnotes

Fetchnotes

Fetchnotes
開発元:Prataparao Kumari
¥240
posted with アプリーチ

Twitter風なメモアプリ。

ツイートする感覚でメモを残せます(ハッシュタグでメモの整理をしたり、メンションで共有したりもできる)。

ただ、画像などには対応してないので、シンプルにテキストだけをメモしたい人におすすめ。

  • 互換性: iOS8.0以降
  • 有料(240円)

Simplenote

Simplenote

Simplenote
開発元:Automattic
無料
posted with アプリーチ

名前の通り本当にシンプルなメモアプリ。

テキストメモを管理するのに特化。Evernoteから余計な機能をすべて削ぎ落として、テキストのみを編集できるようにした感じと言えばわかりやすいでしょうか。

パソコンとスマホで簡単に同期ができるのも良いです。

  • 互換性: iOS9.0以降
  • Mac、Winに対応

ColorNote

ColorNote カラーノート メモ帳 ノート 付箋

ColorNote カラーノート メモ帳 ノート 付箋
開発元:Notes
無料
posted with アプリーチ

こちらもSimplenote同様、シンプルで使いやすいメモアプリ。

サクッとメモができる上に、そのメモをホーム画面に付箋として貼り付けることができます。テキスト、色分け、チェックリスト、カレンダー、リマインダーなどメモとしての機能も十分に備わっています。

ただ、アンドロイドにしか対応してないので注意が必要。

  • アンドロイドのみに対応
  • Facebook、LINE、OneDrive、Googleドライブなどと共有可能

MetaMoJi Note Lite

MetaMoJi Note Lite(手書きノートアプリ)

MetaMoJi Note Lite(手書きノートアプリ)
無料
posted with アプリーチ

手書き機能に特化しているのがこのアプリ。

指やApple Pencilを用いて自由に描画ができます(無料版は、丸ペン・カリグラフィーペンの2種類のペンが選べます)。

画像やPDF読み込んで、その上に手書きで文字を加えていくことも可能。

  • 互換性: iOS7.0以降
  • Winに対応

Googleドキュメント

Google ドキュメント

Google ドキュメント
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

無料で使えるGoogleアプリ。

ワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフト、図形編集の4つの機能があり、作成したデータはすべてクラウド上のGoogleドライブに保存されます。

Microsoft OfficeのGoogle版と言ったところでしょうか。メモをする場合は、ワープロソフトで行います。

メリットは1つのデータを複数人で同時に編集できるところ。ただ、メモ機能に特化しているわけではないので、メモのみをサクッととりたいのであればGoogle Keepなどの方が利便性が高いです。

また、Microsoft Officeとの互換性があります。Winで作成されたMicrosoft OfficeデータがMacで開けないといった場合は、OfficeデータをGoogleドキュメントにインポートしてみてください。

  • 互換性: iOS9.0以降
  • Mac、Winに対応
  • Microsoft Officeとの互換性あり

あとがき

メモアプリ界隈は以前はEvernoteの一人勝ち状態でしたが、OneNoteやGoogle Keepがバージョンアップしたことで、選択肢の幅が広がっています。

個人的なおすすめはGoogle Keepです。

-アプリ, メモ帳・ノート

Copyright© ゆるくやって人生優勝 , 2019 All Rights Reserved.