running-shoes-amazon

ランニングシューズ

ランニングシューズを買うならアマゾンがおすすめな理由

「ランニングシューズを買うならまずは実店舗で試着しましょう」と言う人はいまだに一定数存在しますが、はっきり言ってそんなのは時代遅れ。

だって僕らにはアマゾンがあるじゃない。

というわけで、ランニングシューズを買う場合にアマゾンがおすすめな理由を解説します。

アマゾンの便利なシステムを利用すれば、納得のいくシューズ選びができるんです。

アマゾンがおすすめな3つの理由

ランニングシューズをアマゾンで購入するメリットは大きくわけて3つ。

一つずつ順番に説明します。

1. 実店舗に行かなくて済む

ランニングシューズを買う場合に実店舗に行くメリットとしては、

  • 店員のアドバイスが聞ける
  • 様々な種類のシューズを一度に試着できる
  • その日のうちにシューズを手に入れることができる

などといったことが挙げられるのではないでしょうか。

確かに、思い立った瞬間に実店舗に行き、気に入ったものがあればすぐ購入できるというのはネット通販ではできない芸当です。

でも、実店舗に行くというのは思っているよりもはるかにエネルギーが必要になるんですよね。

オシャレなセレクトショップやスポーツショップには入れないという人もきっと多いはず。

また、実店舗に行ってみたものの、店員がアルバイト店員しかいないというケースも十分に考えられる話です。

優秀なアルバイト店員ももちろんいますが、スポーツショップなどの店員がすべて「有意義なアドバイス」をできるわけではないということは覚えておく必要があるでしょう。

2. 実店舗よりも安く買える

ランニングシューズだけに限っても、実店舗よりアマゾンの方がほとんどの場合において価格が安く設定されています(実店舗のセールは除く)。

これは、アマゾンに売れ行きや在庫数で価格を自動で変動させるシステムがあるからです。

実店舗の場合でもお店の判断で時間ごとに値段を変えることは可能ですが、商品が何百・何千とある状態でそれを行うのは人件費を考えると非現実的ですよね。

なので、アマゾンが価格変動するのをしっかりと頭に入れておけば、実店舗よりもはるかに安い価格でランニングシューズを手に入れることができます。

アマゾンの価格変動はブラウザの機能拡張ツールを使えば誰でも簡単に調べられますので、チェックしたいという人は是非以下のリンクよりどうぞ。

Google Chrome版『Amazon Price Tracker』

Firefox版『Amazon Price Tracker』

3. 無料で返品できる

アマゾンでランニングシューズを購入する場合の最大のメリットになるのがこれ。

なんとアマゾンではランニングシューズを30日以内であれば無料で返品できるシステムがあるんです。

もちろん、全ての商品が返品無料サービスに対応しているわけではありませんが、主要メーカーの代表的モデルならその多くが対応しています。

無料で返品できるということは、つまりは何点でも試着できるということ!

例えば、25.5cmと26.5cmでどっちにするか悩んだら、とりあえず両方注文してしまえばいいんです。

商品が届いたら、室内で試し履きをしてより自分の足にフィットする1足を選べばOK。

サイズの合わないものはアマゾンの規定に従って返品すれば、1〜3日以内に速やかに返金されます(なのでクレジットカードで支払いをした方が便利)。

自宅なら店員の目を気にしたりすることなくじっくりと試し履きができるので非常に便利。

アマゾンで返品する方法は後述しますので、そちらを参考にしてください。

アマゾンでランニングシューズを返品する方法

1. 返品無料対象に入っているかどうか確認

返品無料対象商品かどうかは以下より確認できます。

rsc-amazon

配送料無料という表記はあくまで配送料のみが無料になるということですので注意してください。

2. アマゾンの規約に従う

アマゾンのシューズの返品・交換の条件は以下の通り。

試着は室内で、商品タグをつけたまま行ってください。商品を返送する場合は、すべてのタグはアタッチされたままになり、の梱包状態のままで返送してください。(中略)シューズは靴下やストッキングなどを着用のうえご試着ください。

使用済み商品の返品・交換は承りません。下記については使用済みとみなされます。

試着では発生し得ない消耗やダメージ(しわ、ソールの汚れ、ソールの傷など)があるもの。

香水やたばこなどの匂い、ファンデーションなどの化粧汚れが付着したもの。

[出展:返品・交換の条件

わかりやすく要約すると、こんな感じ。

  • 商品到着後30日以内に行わなければダメ
  • 商品タグを外したらダメ
  • 裸足で試着したらダメ
  • 屋外を走ったらダメ
  • 余計な匂いや汚れをつけたらダメ

つまりは、商品が届いた時の状態のままで30日以内に返品しろということです。

3. 指定の手続き方法で返品する

アマゾンのサイトでアカウントサービス注文履歴と進み、今回購入した商品のところで返品するを選択。

そこからの具体的な手順な以下の通り。

  • 返品理由の区分(サイズが合わないなど)を選び、詳細をコメント欄に記入
  • 返金方法を選ぶ
  • 「Amazon.co.jpでのご注文の返品メール」が届いたら手続完了

この時、メールに記載されている返品受付センターのページから、返品情報をみる返送用ラベルを印刷すると進むと返品受付IDを印刷することができます。

プリンターがなければ手書きで構いませんので、返品受付IDをメモしておきましょう。

次に再梱包を行います。

再梱包の手順は以下。

  • 商品を可能な限り開梱した状態に戻す
  • 印刷した返品受付IDの紙を同梱
  • (プリンターがなければ、納品書と返品受付IDのメモを同梱)
  • 元のアマゾンの段ボールに入れる(段ボールの配送伝票等はすべて剥がす)

メールに記載されている返品受付センターのページから返品受付内容へと進み、Amazon.co.jp返品専用日本郵便株式会社集荷サービスを探し、着払いの場合を選択して、今すぐ集荷依頼をするをクリックします。

集荷依頼のページに必須項目を記入すれば、指定した日時に配達員が返送先と自分の情報が記載された伝票を持って集荷に来てくれますので、それにて返品作業は完了。

ちょっとした手間と思われる人も多いかもしれませんが、たったこれだけで返品できるのだから正直簡単です。

アマゾンでシューズ選びを成功させる方法

ここまで読んでくれた人なら、もうわかりますよね。

アマゾンでシューズ選びを成功させるには、気になるシューズとサイズを全部注文してしまえばいいんです。

アシックスとナイキとニューバランスでそれぞれ気になるシューズがあったら?

はい、全部注文しちゃいましょう。

また、足のサイズが25.5cmだとわかっていても、メーカーごとにサイズって違かったりしますよね。

そんな時は、25.5cm、26cm、26.5cmと全部注文しちゃってください。

だって全部返品できるわけですから。

アマゾンの口コミで、サイズが合わなかったと書いている人が非常に多いんですけど、それはこの方法を実践してない人たちのコメントです。

この方法さえ理解していればサイズが合わなかったなんて事態は一切起こらないので、是非みなさん実践してみてください。

実店舗が売れなくなるという意見について

アマゾンをはじめとする通販で購入すれば、当然実店舗の売上は減ります。

ただ、何にでも淘汰は起こります

江戸時代の頃の移動手段といえば徒歩が一般的でしたが、今では徒歩で長距離移動をする人はほとんどいません。

ランニングシューズをどこで買うかという問題もそれと同じです。

便利な方で買えばいいんです。

シューズメーカーにお金が入りさえすればランニングシューズの開発は続けてもらえるので、僕たち消費者はメーカーと流通にお金を払えばそれでOKです。

実店舗のことを僕たち消費者があれこれ考えるのは、非常におこがましい話とも言えますね。

まとめ

アマゾンを利用するメリットは以下の3点。

  • 実店舗に行かなくて済む
  • 実店舗よりも安く買える
  • 無料で返品できる

この中で一番大きなメリットは無料で返品できること。

そのため、実際に購入するのが1足のみであっても注文した分だけ納得いくまで試着をすることが可能です。

この方法を使えば、ランニングシューズ選びで失敗することはまずありません。

アマゾンで納得できる1足を見つけて、楽しいランニングライフを送りましょう!

-ランニングシューズ

Copyright© ゆるくやって人生優勝 , 2019 All Rights Reserved.