フリーランス

僕が新卒フリーランスになった理由

新卒フリーランスになった理由 サムネ

僕は2000年代前半に東京の私大を卒業し新卒フリーランスと会社員を経験した後再びフリーランスに戻った。

フリーランスについては賛否両論あると思うんだけど個人的には長所の方をより感じるのでここに僕のフリーランス体験談としてまとめることにする。

僕が新卒フリーランスになった具体的理由は以下の2点。

  • 大学の時に月収20万位あったから
  • Webの世界が果てしなく広がっていたから

僕の経歴はこんな感じ。

僕のキャリア

大学の時に月収20万位あった

在宅仕事の内容

大学3年の時に在宅で仕事をはじめたことがすべてのきっかけになっている。

在宅仕事は、

  • HTMLコーディング*1
  • Flash制作*2

がメイン。

もちろん最初から在宅で仕事をしたいと思ってたわけではなくIT企業とかでバイト*3をしながら「コーディングできます」「Flashできます」とアピールしてたら仕事をもらえるようになったというだけの話。

*1:2000年代前半はTableコーディング、HTML4、XHTML、コンパクトHTMLなんかが乱立してた時代。でもブラウザとエディタさえあれば良かったので受注はしやすかった。僕はJeditというエディタでひたすら手打ちしてた。

*2:今で言うAdobe Animate。昔の名はMacromedia Flash。動きのあるサイトを作る場合はこれ一択だった。自然な動きをActionScriptで表現するために三角関数や物理法則を勉強し直すハメになったけどおかげでプログラミングに対する苦手意識を克服できた。

*3:その頃(大学2〜3年の時)はIT企業(SIer系)とデザイン事務所(エディトリアル系)でバイトをしてた。WebやDTPの基礎は実際の現場で働きながら学んだことになる。

当時の年収は200〜300万(平均月収にすると20万位)で実際の月収は10〜40万の間を行ったり来たりしてる感じ。僕にやる気があり且つそのタイミングで仕事があれば40万/月稼げたりもした。フリーランスの40万/月なんて全然大したことない数字なんだけど学生の僕にとってはとてもデカくこれ位あれば1人で生きていけるんじゃないかと自信を獲得するに至った。

公務員や会社員になりたいと思ったことは一度もないためこれ幸いとそのまま新卒フリーランスとなり以後会社員時代(3年間)を除きずっとフリーランスをやってる。

Webの世界が果てしなく広がっていた

新卒フリーランスになった時のスキル

僕が渋谷にあったSIerでHTMLコーダーのバイトをはじめたのが大学2年の夏休み。当時の僕のHTMLは独学で1〜2カ月勉強したレベル。でもそれでも余裕だった。実践できる環境は整っていたし聞けばいくらでも教えてもらえたわけだから1人で作業できるようになるのに時間はかからなかった。

個人的にはそういった敷居の低さがWebの魅力だと思ってる。ちょっと勉強しただけですぐ稼げるようになるんだからやらない手はない(大きく稼げるかどうかは別だけど)。

そもそも文系学部の僕が何故にHTMLなんかを勉強しはじめたのかというとそれはデジタルコンテンツ販売サイトのようなものをやろうと思ってたから(会員制にして収益化するやつ)。

当時はWebサイトを運営してもそのマネタイズ方法がほとんどなかった時代。アフィリエイトもクリック報酬型広告も存在しておらず*4、結局はコンテンツを売るしかやりようがないんじゃないかと思ったわけだ。

*4:そういうものがないなら自分で作っちゃえばいいんだけど当時はそんなこと思いつきもしなかった…。そういう需要に気がついて行動を起こせるかどうか。そこが上に行ける人間と行けない人間の違いなんだと思う。

HTML/CSS→JavaScript→ActionScriptと順番に覚えていったらWebのフロントエンドという分野で金を稼げるようになったためコンテンツ販売企画が日の目を見ることはなかった。けど何の特技もない普通の大学生でもそういったスモールビジネスをはじめようと思えばはじめられるんだからWebの可能性って半端ない。

今一文無しになってもWebさえあれば余裕で食いつなげる自信あり*5。SNSやクラウドソーシングという最強の武器もあるわけだし。

*5:健康を維持できるのであれば。フリーランスにとって最も大事なものは病気をしない体になる。病気の予防と早期発見には最大限の注意を払っていきたい。

就活について

まじめかよ

大手マスコミを3社受けただけで終わりにしたのが僕の就活。物は試しということでやってみたんだけど企業も学生もみんなマジメすぎて無理だった。僕は本当に不真面目な人間なので…。

もう一度やり直したとしても同じことをすると思う。

ゆるく生きるための道

Webのスキルがあるに越したことはない

あとがき

(今思うと)デジタルコンテンツ販売でスモールビジネスをスタートさせるのが最適解だった気がする。人生にはやるかやらないかの2択しかないんだから何だろうが「やる」が正解。ちなみにデジタルコンテンツとは男子が大好きなやつ。

-フリーランス

Copyright© ゆるくやって人生優勝 , 2020 All Rights Reserved.